マチュア(mature)な時代

暮らしやすく生活をオーガナイズする取組みをしています。
自分の年齢を軸に提案内容を考えます。

「シニア世代」「プレシニア世代」
その【シニア】の呼び名に、少し抵抗を感じるのは、歳のせい?

路線が引かれており、その上を走るような。。中の見えないボックスがあって扉が開くと【シニア】【シルバー】と、決まったステージが当たり前のように準備されているようで、ワクワクもドキドキが削がれてしまう(笑)

同年代の日常を眺めて感じるのは、子育てが終わったり、定年になって、何もすることがなくて、いたずらに時間を潰す日常であったりするのです。

それでは勿体ないと思います。

輝く時代。キラキラじゃなくて、燻し銀の、重厚でふくよかで、成熟した時代。

成熟を意味する「マチュア(mature)」と、呼びたいです。

目利きの出来る経験を持っているのだもの。自分の感じる「素敵」を生活に取り入れて、自分らしい眺めを作りながら暮らしたいですね。

20年30年前と、そう変わらない景色が当たり前とは思わずに、

今の自分に相応しい身の周り、自分が何をしている時が落ち着き、心地よいのか、もっと意識して暮らしたいですね。

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP