母のお伴で京都を歩く

来年80歳になる母の趣味は日本画と水彩画で
その素材として 気に入った風景を求めて 日帰りで出掛ける
今回は京都洛北あたりを目指したが・・・
折しも鞍馬の火祭りの当日 渋滞を避けて 丹波へ向かおうかと車を進める
かやぶき屋根が風情があって いいわね。
その母の一言で、一度訪ねたいと思っていた 美山地区へ予定変更
20101129_1419087
向かう途中にも かやぶき屋根を見つけて 車をとめて 撮影
かやぶきの里に到着すると そこはタイムスリップしたかと思うほど
古く 懐かしい 佇まいがありました
20101129_1419089
かやぶきは 手入れや管理が大変なので
こういった保存地区でない限り 残していくのは難しいのかも知れません
20101129_1419090
懐かしい 郵便ポストを見つけましたよ
京都府美山町 かやぶきの里 詳しくはこちらから≫

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP