母のお伴で京都を歩く

来年80歳になる母の趣味は日本画と水彩画で
その素材として 気に入った風景を求めて 日帰りで出掛ける
今回は京都洛北あたりを目指したが・・・
折しも鞍馬の火祭りの当日 渋滞を避けて 丹波へ向かおうかと車を進める
かやぶき屋根が風情があって いいわね。
その母の一言で、一度訪ねたいと思っていた 美山地区へ予定変更
20101129_1419087
向かう途中にも かやぶき屋根を見つけて 車をとめて 撮影
かやぶきの里に到着すると そこはタイムスリップしたかと思うほど
古く 懐かしい 佇まいがありました
20101129_1419089
かやぶきは 手入れや管理が大変なので
こういった保存地区でない限り 残していくのは難しいのかも知れません
20101129_1419090
懐かしい 郵便ポストを見つけましたよ
京都府美山町 かやぶきの里 詳しくはこちらから≫

ピックアップ記事

  1. 二拠点居住を始めて一年半近く経つ。拠点は実家と仕事場実家の意味を持つのは「母の居住地」母…
  2. 生まれ育った土地に戻る家は15年ほど前に建替えたので、私には馴染みのない部屋の様子二…
  3. 蝋を溶かす間にドライフラワーやドライフルーツ、好きな構図を考えて、蝋を注いでタイミングをはか…
  4. 月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と…
  5. 自宅を離れ、現在 シェアハウスに居住中。自宅とは違う、切り取られた暮らしのような感覚。…
  6. シンク(流し台)の下の収納、最新のシステムキッチンならシンクの下もスライド式で使い勝手がとてもい…
  7. 2017/4/6

    今年の桜
    この季節、桜の写真を撮りたくなる住まいの近くの公園で。。…
  8. 10日ほどの間に、一気に咲き、散っていく。。今年も見事に咲きました &n…
PAGE TOP