見守りかたも色々ある

限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まっていき、そして見つめ直すことが出来る。

受け皿は家族や身近な親しい人たち、

消化しきれない思いを吐き出すと、似たような境遇の人が結構いるわよ。と教えてもらう。・・・私一人じゃないんだな。

母は不安や不満が過ぎ去ると善い老人に戻ります。あの形相はなんだったのか、穏やかな顔をしています。

兄から「病気だから仕方ない」「1年くらい暮らしただけで。。」なんて厳しいお言葉( ̄▽ ̄;)

向き合うコツを教えてよと聞いてみた

『耐えること』

・・・寂しいことを言うものだ。と思った

ふと、耐えるなんて構えでいるから、マイナスに捉えてしまうんだな。。と気づかされた。

『放っておくことだ』と、言う。

平行線の向き合い方、嫌なら帰ればいい。以前近居のときは私もそうだった。

同居では、逃げることが出来ないのだけど、私がそう思うように母も同じように逃げ場がないのだと思う。

逃げたくならないないように暮らす。それでも逃げたかったら逃げ道を作っておくようにする。真正面から向き合うのでもなく、後方から見守っていられればいいな。

それは嫌々するのではなくて、使命感を持つことでもなく、ましてや耐えながらすることでもない。

当たり前の気持ちに素直になることだと思う。おおらかな気持ちで、見守れる自分を作ること。。

しんどいときは、休むこと。パワーはいつかは蘇ってくるものさ。

サンザシの実は紅く色づきました☺️

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP