大阪の自宅は旅先の宿

月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。

床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と言う小さいサイズの敷きカーペット。

先日帰ってきたとき部屋が超寒くて(笑) 早く暖まりたいので、すぐにスイッチオン出来るように準備万端!

以前の生活の習慣は、帰ってきてから片付ける循環だったように思うけど、

自宅を出るときに、片付け掃除をして鍵をかける。2週間長いときはひと月近く留守にする。

帰ってきて、部屋が片付いていると最初のアクションが違ってくる。もちろん気持ちも!

この頃は自宅の部屋は旅先の宿のような感覚。この感覚って日常的な暮らしの中でも大事なんじゃないかな?

次に帰ってくるのは、12月27日。

ピックアップ記事

  1. 二拠点居住を始めて一年半近く経つ。拠点は実家と仕事場実家の意味を持つのは「母の居住地」母…
  2. 生まれ育った土地に戻る家は15年ほど前に建替えたので、私には馴染みのない部屋の様子二…
  3. 蝋を溶かす間にドライフラワーやドライフルーツ、好きな構図を考えて、蝋を注いでタイミングをはか…
  4. 月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と…
  5. 自宅を離れ、現在 シェアハウスに居住中。自宅とは違う、切り取られた暮らしのような感覚。…
  6. シンク(流し台)の下の収納、最新のシステムキッチンならシンクの下もスライド式で使い勝手がとてもい…
  7. 2017/4/6

    今年の桜
    この季節、桜の写真を撮りたくなる住まいの近くの公園で。。…
  8. 10日ほどの間に、一気に咲き、散っていく。。今年も見事に咲きました &n…
PAGE TOP