大阪の自宅は旅先の宿

月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。

床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と言う小さいサイズの敷きカーペット。

先日帰ってきたとき部屋が超寒くて(笑) 早く暖まりたいので、すぐにスイッチオン出来るように準備万端!

以前の生活の習慣は、帰ってきてから片付ける循環だったように思うけど、

自宅を出るときに、片付け掃除をして鍵をかける。2週間長いときはひと月近く留守にする。

帰ってきて、部屋が片付いていると最初のアクションが違ってくる。もちろん気持ちも!

この頃は自宅の部屋は旅先の宿のような感覚。この感覚って日常的な暮らしの中でも大事なんじゃないかな?

次に帰ってくるのは、12月27日。

ピックアップ記事

  1. 母と暮らすようになって、一年半が経過しました。同居当初は、母の言動に振り回され、このまま私は生き…
  2. 昨日のひな祭りの日、母の誕生日でした。御年 93歳になりました。誕生日祝いに、前倒し…
  3. 母と暮らし始めて、几帳面な母の暮らしに入り込むことの難しさを感じた数ヶ月。ところ…
  4. 4週に1度の健診。母に付き添うようになって、半年くらい。その間に介護認定や主治医とのやり取り…
  5. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  6. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  7. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  8. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  9. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  10. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
PAGE TOP