見守りの限界って、あるのかな?

【包み込むように見守る】

・・・限界が見え隠れ

母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこの頃です。

私に来客があると気に障って仕方ないらしく、苛々が始まる。

夜中に呼び出されて「知らない人が何度も出入りして落ち着かない。元の独り暮らしに戻させて!誰もこの家に入れないで!!」と訴えられる。

来客は母の孫であっても、母は「知らない人」と言う。切ないけど、それは現実で。言われる方も困惑するけれど仕方のないことで受け入れるしかない。

使っていない部屋を借りることを伝え快諾してもらっていたのに、そのやり取りを忘れてしまうから、知らない人が侵入してる。と思い込んでしまう。

おばあちゃんのことが気掛かりで、ものすごく久しぶりに訪ねて来てくれた長男だったが、思いの外、日常が普通じゃないことに

「おばあちゃんと同居したと聞いて、大事にしてください。って、メールしたけど、この生活は貴女にはものすごいストレスになってるから、自分自身の生活を大事にしてほしい。」

長男の目から見ると、私がどんなに気遣いをしても暴言を吐かれている姿に切なくなるでしょうね。おばあちゃんを不安にさせないように気遣って、居ないときを見計らって出入りしてくれていた。初日は描いた絵を見せて楽しそうに喜んでいたのに、忘れてしまっている。

【逃げ出したい】そんな思いが襲うけど、それは出来ないことだから、今をやり過ごすしかない。

長男も訪ねることが無くなったのに、警戒心なのか、情緒が不安定になっている。

週末には兄が来てくれるので、そのときだけは外出をさせてもらおうかと思ったのに、夕べは母から

「もう誰も来てもらわないようにしたい」宣言

子どもや兄弟、誰も頼りにしないで暮らしていきたい!!と、訴えるので

「私は頼らないって、言わないでね」と問うと、「あんただけはやらな、あかん」

これまで以上にプレッシャー

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP