【母の健診の日】

4週に1度の健診。
母に付き添うようになって、半年くらい。
その間に介護認定や主治医とのやり取り、ようやく介護する立場の者として矢面に立つ。

なんだか、肩肘張ってしかめっ面でやって来たように振り返る(笑)

母の不穏な行動は、そもそも私のそう言う肩肘張った構えからの緊張ではなかったか。。そう振り返り反省する。

兄弟の中での私の存在やら役割やら、主張が先に立って、母のことは二の次になってたのではないかと振り返る。

時間は私に色々なことを教えてくれた。

肩の力を抜いて、損得勘定も抜きにして、母と暮らすことが自分にとってどういうことなのか、考えてみると答えは簡単だった。

母が気を許し委ねられる私になることだった。

今日、主治医から
「お母さんの顔つきが穏やかになりましたね。そばにいる人の配慮が伺えます。大変だろうけど頑張って下さい。」

素直に受け止められる私がありました。

背伸びもしない。我慢もしない。私が私で居られるためのやれることをして、やりたいこともさせてもらえて、そう言う中での【介護】は尊厳を大切にするだけのこと。

辛いものに自分で仕立てないこと。。そこに気づくのに1年掛かりました。

ピックアップ記事

  1. 母と暮らすようになって、一年半が経過しました。同居当初は、母の言動に振り回され、このまま私は生き…
  2. 昨日のひな祭りの日、母の誕生日でした。御年 93歳になりました。誕生日祝いに、前倒し…
  3. 母と暮らし始めて、几帳面な母の暮らしに入り込むことの難しさを感じた数ヶ月。ところ…
  4. 4週に1度の健診。母に付き添うようになって、半年くらい。その間に介護認定や主治医とのやり取り…
  5. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  6. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  7. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  8. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  9. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  10. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
PAGE TOP