≪未病≫という存在

今朝 通勤途中の電車の中
隣りの人が読んでいた日経新聞に興味深い記事があり
会社の人の新聞を借り 読んだ
目的の記事とは違う 記事に目が留まった

≪未病≫「自覚症状はないが検査では異常がある状態」と「自覚症状はあるが検査では異常がない状態」を合わせて「未病」としています。
そして「病気」とは交叉部位である「自覚症状もあるが検査でも異常がある状態」としています。(日本未病システム学会 HPより抜粋)

予防医学を提唱しても なかなか 人は危機感を覚えないもの
確かに 「自覚症状はないが検査では異常がある状態」は
結構 経験している人は多いと思う
現に私自身も健診の結果がすこぶる悪かったが
日常に何ら支障もなく 健康であると思っている
日経新聞(2005.5.12付 朝刊)には
一人の事例がありました
—————————————————-
40歳の男性
週末には自転車やランニングで汗を流し、
「食事は身体にいいものを」と、
昼食には青魚を中心とした寿司を週2,3回
市販の野菜ジュースも飲んでいた。
ところが、健診の数値は年々悪化
保健師は
「炭水化物、たんぱく質の一日の摂取量が多すぎ、
野菜は形のあるものを」とアドバイス
寿司はやめ、晩酌のつまみはキャベツにするなどした結果
数値は大きく下がり、基準値内に収まった。
健診で血圧で異常を指摘された人のうち、
5年後に治療が必要となった人の割合は、
一度もこうした指導を受けなかったグループが22.2%だったのに対して
5年連続して指導を受けたグループでは2.5%
適切な事後指導で悪い生活習慣を確実に改善できる
「健康と病気を二分する発想は時代遅れ。
未病を的確に対処することが大切。」を
日本未病システム学会常任理事は話す。
——————————————————
健康と病気という分け方ではなく
病気になっているか なっていないか
それに気づいているか 気づいていないかで
将来は変わるということ
我が身に置き換えて 考えてみたいと思う

ピックアップ記事

  1. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  2. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  3. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  4. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  5. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  6. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  7. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
  8. ブルーベリーの花が咲きました☺️暮れに新しく植え替えたので、今年は豊作かなー。。花が…
  9. 母との同居を決めて、少なからず背負うものの重みを感じていた私は【介護する側】としての責任のような…
  10. 休みの日は外出の予定がない限り、自室と母の部屋、そしてリビングダイニングを私が掃除します。…
PAGE TOP