足元から考える 介護「自立状態」

「自立状態」とは、介護を必要としないと認定された人ですから、
介護保険の介護サービスを受けることができません。
しかし、自立状態の人も、体調は刻々変化し、
介護が必要な状態になることも考えられます。
そういう場合は、再申請ができます。
ただし、市町村によっては、介護保険とは別に、
ホームヘルパーの派遣など独自のサービスを
行っているところがあります。

私が福祉住環境の勉強を始めたのは おそらく
介護を必要をしないと認定された
が、体調は日々 加齢に伴い、介護が必要な状態に向かっている
そういう人たちの予防策としての住まい方を考えることで
身体的に 精神的に 安寧な暮らしが提案・提供できるのではないかと
感じているからです。

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP