足元から考える 介護「自立状態」

「自立状態」とは、介護を必要としないと認定された人ですから、
介護保険の介護サービスを受けることができません。
しかし、自立状態の人も、体調は刻々変化し、
介護が必要な状態になることも考えられます。
そういう場合は、再申請ができます。
ただし、市町村によっては、介護保険とは別に、
ホームヘルパーの派遣など独自のサービスを
行っているところがあります。

私が福祉住環境の勉強を始めたのは おそらく
介護を必要をしないと認定された
が、体調は日々 加齢に伴い、介護が必要な状態に向かっている
そういう人たちの予防策としての住まい方を考えることで
身体的に 精神的に 安寧な暮らしが提案・提供できるのではないかと
感じているからです。

ピックアップ記事

  1. 蝋を溶かす間にドライフラワーやドライフルーツ、好きな構図を考えて、蝋を注いでタイミングをはか…
  2. 月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と…
  3. 自宅を離れ、現在 シェアハウスに居住中。自宅とは違う、切り取られた暮らしのような感覚。…
  4. シンク(流し台)の下の収納、最新のシステムキッチンならシンクの下もスライド式で使い勝手がとてもい…
  5. 2017/4/6

    今年の桜
    この季節、桜の写真を撮りたくなる住まいの近くの公園で。。…
  6. 10日ほどの間に、一気に咲き、散っていく。。今年も見事に咲きました &n…
  7. 福祉住環境CDの資格も以前に得ていましたが、介護保険の理由書を書くだけの存在でしかないのか。。などと…
  8. 暮らしやすく生活をオーガナイズする取組みをしています。自分の年齢を軸に提案内容を考えます。…
PAGE TOP