私の日常

東京ステイが終わって半年

母との暮らしで、自由な時間が減り
気儘な私の暮らし向きも一変した

些細なことでも母は私を頼り
呼び出しチャイムが鳴る・・・
そんな生活に囚われ人の気分にもなっていた

半年と言う時間は【慣れる】ことの時間でもあり【変わる】ための時間だった

生活の変化に柔軟に対応できるために【自分のゲル化】を始めて数ヵ月になる

幼虫がサナギになるように、どうやら私は【蛹化】に成功したようだ

母との暮らしに慣れ、戸惑うことも少なくなり、逃げ出したいと言う気持ちもなくなった。逆にもう少し母と寄り添う時間を作れないかと模索している

それは単に優しさと言うものではなく【自分が自分らしく生きる】ためのプロセスなのだと思う。

誰のための人生なのか。と苦悩し続けて、答えはもちろん「自分のため」なのだけど、私の求めている答えはそうじゃないらしく、しっくり来ない。

【(誰かの役に立つために生きる)自分のための人生】なのかも知れない。

次のステージに向かう前に、少しここで生活の整理をして【自分が自分らしく生きる】準備をしたいと思います。

暮らしの時間割りを作り直そうと思っています。

ピックアップ記事

  1. 昨日のひな祭りの日、母の誕生日でした。御年 93歳になりました。誕生日祝いに、前倒し…
  2. 母と暮らし始めて、几帳面な母の暮らしに入り込むことの難しさを感じた数ヶ月。ところ…
  3. 4週に1度の健診。母に付き添うようになって、半年くらい。その間に介護認定や主治医とのやり取り…
  4. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  5. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  6. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  7. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  8. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  9. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  10. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
PAGE TOP