【馴染むまでの痛み】

通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。

足の形に馴染むまで、靴はよそよそしく私を受け入れる。特に私の場合、外反母趾の右足が窮屈な感じで少しばかりの痛みを何日か味わうことになる。

この痛みを乗り越えないと履きやすさは手に入れられないことを承知して、居心地の悪い数日間をやり過ごす。

履き潰す頃には、左右の形もずいぶんと違いが出て、歩き癖を見事に教えてくれるようになる。

今朝、新しい靴を履き、予想通りの痛みを味わいながら、母との同居生活に似ているなぁと思い、フフっと笑いが出た。

まだ、時折 痛みを与えてくれる母の日常だけど、二人の暮らしの形に馴染めば、きっと快適になるんだと思えた。

ピックアップ記事

  1. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  2. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  3. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
  4. ブルーベリーの花が咲きました☺️暮れに新しく植え替えたので、今年は豊作かなー。。花が…
  5. 母との同居を決めて、少なからず背負うものの重みを感じていた私は【介護する側】としての責任のような…
  6. 休みの日は外出の予定がない限り、自室と母の部屋、そしてリビングダイニングを私が掃除します。…
  7. 母は自分で出来ることをやれるところまでやりたい!と己を律して暮らしてる。私からの働きかけにも…
  8. 数ヵ月前に母との完全同居が始まり、お互いに一人暮らしが長かったので慣れない暮らしに、衝突しないように…
  9. 今日は何も予定のない休日母の起床が遅く、気になっていると腰から足にかけて痛くて、なかなか起きてこ…
  10. 母と同居を始めた当初、高齢者には有りがちな【思い違い】から気持ちの行き違いで母の機嫌が悪くなることに…
PAGE TOP