【馴染むまでの痛み】

通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。

足の形に馴染むまで、靴はよそよそしく私を受け入れる。特に私の場合、外反母趾の右足が窮屈な感じで少しばかりの痛みを何日か味わうことになる。

この痛みを乗り越えないと履きやすさは手に入れられないことを承知して、居心地の悪い数日間をやり過ごす。

履き潰す頃には、左右の形もずいぶんと違いが出て、歩き癖を見事に教えてくれるようになる。

今朝、新しい靴を履き、予想通りの痛みを味わいながら、母との同居生活に似ているなぁと思い、フフっと笑いが出た。

まだ、時折 痛みを与えてくれる母の日常だけど、二人の暮らしの形に馴染めば、きっと快適になるんだと思えた。

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP