【強さって何だろう】

母と同居を始めた当初、高齢者には有りがちな【思い違い】から気持ちの行き違いで母の機嫌が悪くなることに遭遇した。

良かれとしたことが裏目に出て、母の機嫌を損ねることになる。激しい口調で私を責める。。気を利かしたつもりのこちらとしては寝耳に水。

釈然としないものの、母の機嫌を損ねたことは事実だから、誤解を解いて私はすぐに謝ります。

そんな私の態度を【弱さ】に映るのか、「悪くもないのに何故すぐに謝るの?」と身近な者に突っ込まれ「もっと強くならなきゃ!自分より弱い者には年寄りだって強気になる」

だけど、私は母と対抗しているわけではなく、誤解や警戒を解いて、穏やかに暮らしたい。だから、すぐに私から折れるのだ。

「私は母より強くなりたい訳じゃなく、わかり合いたいだけ。。それが難しくて、母が暴言を吐いたとしても私は反発せずに聞いているだけ。それで私が精神的に疲れても、だからと言って母を抑えようとは思わない。私の性格は変えられない。」と、うまく言えないけど、そんな言葉を返した。

【強さ】って、なんだろう?
強い言葉に対抗する、もっと語気の強い言葉の応酬なのかしら?

私が思う【強さ】とは、どんな言葉でも聞き入れて、感情的にならず落ち着いて、意味を噛み締め吸収することじゃないかな?と思う。

言い返しもせずに聞く姿勢は弱さに映るのかも知れないが、とても強い心と広い心が必要なのだと思う。

大阪に帰って来た当初は、傷つくばかりで辛かったけど、

母の言動を諭したり、注意したり、母の言葉を遮ったりしているうちは母はやはり緊張をしていたように思う。。

この頃は、少しだけど、互いのペースを尊重しつつ、甘えることもしてくれるようになった。

こちらからのお仕着せではなく、何をしてほしいと思っているのか、少し観察するようにした。そして、求められたらにこやかに応えること。常に声掛けがしやすい私で居ること。。そんなことを意識して。

強さって、優しさと同義語なのかなーー。とも感じるこの頃です。

ピックアップ記事

  1. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  2. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  3. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  4. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  5. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  6. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  7. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
  8. ブルーベリーの花が咲きました☺️暮れに新しく植え替えたので、今年は豊作かなー。。花が…
  9. 母との同居を決めて、少なからず背負うものの重みを感じていた私は【介護する側】としての責任のような…
  10. 休みの日は外出の予定がない限り、自室と母の部屋、そしてリビングダイニングを私が掃除します。…
PAGE TOP