うふふな 片付けの考え方

玄関入って「ただいまー」って、誰もいない部屋に入る。
真っ直ぐ リビングのソファに向かって進む。
郵便受けにあった郵便物をその辺に置く。バッグを下ろす。上着を脱ぐ。

何を置いても同化する部屋へと・・・。

毎日毎日、その繰り返しなので、自然と散らかっていき、その変化に違和感を感じなくなる。
そしてそして、汚部屋への道に向かって行く。
溜まっていく習慣から、いくらモノを捨てたり、収納の棚を増やしても解決しません。
持ち込まれるものが毎日のように途切れない生活である限り、片付けは一時的な手当でしかないのです。

持ち込まれるものって、帰宅するときに何も持ち込まないという意味じゃなくて(笑)

 

きれいにキープしたい部屋 たとえばリビングルームですね。
そこに持ち込まないようにするには、どうしたらいいかを考えます。

うふふな 片付けの考え方

郵便物は玄関から近い距離で、仕分けが出来て、不用なものはすぐに捨てる場所を作れないか考える。

バッグと上着はクローゼットに収納するのが正解ですが、その正解の習慣がないのですから、そこから考えます。
玄関の近くか、リビングに入る前に、仕舞えないか・・・イメージしてみる。

リビングルームにきれい空間のバリアを張ります。

image_02

持ち込み禁止のルールを作ってみます。

①郵便物はすぐに仕分けして、要らないものはすぐに捨てる。

②バッグや上着をリビングルームの空間に置かないために、その手前にどんな工夫が出来るか、考える。
※たとえば、廊下にフックを設けて、バッグを掛ける。上着を掛けられるハンガースペースを作る。

簡単なことで、誰でも考えつくアイデアです。だけど、なかなか実行出来ないだけなの。

 

部屋にそんなスペースがない。フックなんて取り付けられない。

ん? それ本当? やってみないで、言ってませんか?
はい、やってみましょう。 少しだけ、景色が変わりますよ。 ウキウキした気分になりますよ。

 

その人ひとりひとりの「片付けの利き脳」がある (次回へ続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 蝋を溶かす間にドライフラワーやドライフルーツ、好きな構図を考えて、蝋を注いでタイミングをはか…
  2. 月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と…
  3. 自宅を離れ、現在 シェアハウスに居住中。自宅とは違う、切り取られた暮らしのような感覚。…
  4. シンク(流し台)の下の収納、最新のシステムキッチンならシンクの下もスライド式で使い勝手がとてもい…
  5. 2017/4/6

    今年の桜
    この季節、桜の写真を撮りたくなる住まいの近くの公園で。。…
  6. 10日ほどの間に、一気に咲き、散っていく。。今年も見事に咲きました &n…
  7. 福祉住環境CDの資格も以前に得ていましたが、介護保険の理由書を書くだけの存在でしかないのか。。などと…
  8. 暮らしやすく生活をオーガナイズする取組みをしています。自分の年齢を軸に提案内容を考えます。…
PAGE TOP