樋口恵子氏の講演を聴いて来ました

福祉住環境コーディネーターには協会があり
そのタウンミーティングで講演会とパネルディスカッションがあり
出掛けてきました
女性の視点で 福祉住環境を見つめるというのが大きなテーマでした
樋口氏の講演内容は非常に興味深い、惹き付けられる内容でした
私が予てから考えている 【 尊厳 】 を重視した住まい環境
その話にも触れられ 老いても 個を認める在り方を感じました
50歳くらいまでは人は少なからず 【 成長 】 をするもので
その後は 【 変化 】 するもののようです
老いは当たり前のように来ますし 抗うこともありません
【 変化すること 】 に抗わない 適応力や自分への理解と解決策
樋口氏は 「 老いても引越し 」 と 仰いました
老いてこそ 自分達に適した環境に身を置くべきと仰いました
若い時代に設計した住まいには 高齢でなくとも 年齢が増すと
住み辛くなるものです
家族数の変化によって 使わない部屋も出てきます
大きな家は掃除や手入れも大変です
老夫婦 もしくは 今後増えるであろう独居家庭では
コンパクトな生活が望ましいのではないでしょうか?
平均寿命も この先 延びる傾向があります
2050年には 平均寿命は 女性89歳 男性81歳と言われています
子との同居をせずとも 介護保険の施行後は第三者の支援者が現れ
生涯独身も含め 独り暮らしの家庭が非常に増える傾向です
介護し易い間取りから 介護されやすい快適な間取りを
自分自身が イニシアティブ(主導権)を握り 住まい方を考えることが
大事なことなのではないかと思います
実際 こういう点で困っている
理想の住まいや 住まい方 暮らし方
もっと こうなって欲しい・・・など ありましたら
是非 コメントをお寄せください

ピックアップ記事

  1. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  2. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  3. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  4. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  5. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
  6. ブルーベリーの花が咲きました☺️暮れに新しく植え替えたので、今年は豊作かなー。。花が…
  7. 母との同居を決めて、少なからず背負うものの重みを感じていた私は【介護する側】としての責任のような…
  8. 休みの日は外出の予定がない限り、自室と母の部屋、そしてリビングダイニングを私が掃除します。…
  9. 母は自分で出来ることをやれるところまでやりたい!と己を律して暮らしてる。私からの働きかけにも…
  10. 数ヵ月前に母との完全同居が始まり、お互いに一人暮らしが長かったので慣れない暮らしに、衝突しないように…
PAGE TOP