足元から考える 介護保険法の変遷

「ゆりかごから墓場まで」ってよく耳にしますね
日本で2000年から始まった介護の法案って何だか知ってますか?
≪介護保険法≫
2005年には改正されましたね
現在における法改正案の概要
要介護の認定は5段階ある

要支援・要介護区分と状態
要支援・・要介護状態とは認められないが,社会的支援を要する
食事・排せつ・衣類の着脱は概ね自立しているが,生活管理機能の低下などにより,時々支援を必要とする。
要介護1・・生活の一部について部分的介護を要する
食事・排せつ・衣類着脱MPいずれもが概ね自立しているが,一部介助支援を必要とする。
要介護2・・中程度の介護を必要とする。
食事・衣類着脱はなんとか自分でできるが排せつは介護者の一部の介助を必要とする。
要介護3・・重度の介護を必要とする。
食事・衣類の着脱のいずれも介護者の一部に介助を必要とする。排せつには全面介助がある。
要介護4・・最重度の介護を必要とする。
身体状態は様々であるが,食事・排せつ衣類着脱のいずれにも介護者の全面的な介助を必要とする。尿意,便意が伝達されていない。
要介護5・・過酷な介護を必要とする。
寝返りをうつことができない寝たきり状態であり,意志の伝達が困難。食事・排せつ・衣類着脱のいずれにも介護者の全面的な介助を必要とする。

要介護の手前にある認定として 要支援がある
要介護「1」の認定基準が上がり 
要支援の段階が1段階から2段階に切り替わる

介護保険では,心身の状況に応じて利用できるサービス(介護給付)の量が決定されます。要介護度は,「要介護状態とは言えないが社会的な支援を要する」状態(要支援)から,「過酷な季語を要する」状態(要介護5)まで6つのランクに分かれます。この要介護のランクによって給付額の上限が決まります。

そのランクが7つに分かれ
要介護「1」だった人も要支援とランク変更になり給付の額も変更となる訳ですね

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP