与えられた環境、それを活かす工夫②

ここに配置するために設計されたかと思ったけど、結構 窮屈??
便利かな?と思ったけど、結構 邪魔になって不便??

そんな生活の中で、散らかることが多かった原因は、自分の性格なのだと思い込んでいました。

散らかるべくして、散らかった。

「片付ける」の意味は、

 物を、適当な場所にきちんと入れ納める。乱雑に置かれている物をまとめ整える。「部屋を―・ける」「本を物置に―・ける」

重要なポイントは、「適当な場所」に入れ納める。というところです。

適当な場所の「適当」の意味は、

ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。「工場の建設に―な土地」「この仕事に―する人材」
程度などが、ほどよいこと。また、そのさま。「調味料を―に加える」「一日の―な仕事量」
やり方などが、いいかげんであること。また、そのさま。悪い意味で用いられる。「客を―にあしらう」「―な返事でごまかす」

 

取り間違えては困ることは、 決して、3の「やり方がなどが、いいかげんである」ではなくて、
1の「ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。ふさわしいこと。」の意味と捉えることなんですね。

 

「条件」・「目的」・「要求」 さて、なんでしょう?

 

散らかっているのが嫌だから、取り敢えず、片付ける

この片付けるは、まさに いい加減な の意味の方になります。
例えば、
「条件」:6帖のリビングスペース、高価な家具は置けない

「目的」:本を読むことや、テレビで映画を観るのが好き、寛ぎたい
「要求」:お客様が来ても、寛いでもらえる空間にしたい

うまくあてはまると、

6帖のリビングスペースに、読みたい本が散らからないように、手ごろな値段の書庫を置き、
テレビが寛いで観れるようにテレビとソファの位置を考える。
お客様が来ても、いつもスッキリさせるために、本やテレビリモコンの定位置を決めておく。

ここで、気付いてもらいたいのが、片付けって、「入れ納める」ってことなので、
適当な「入れ納める」場所が、最初に決まっていなくてはならないこと!
そんなこと、言われなくても わかっている!って、

だけど、なかなか それを実行するとなると、出来そうで出来ないものなのですね。

大掃除した後、数日はきれいをキープしてるけど、また散らかる。

それは、その納め場所が「適当」では無かったのか、
もしくは、入れ納める「行動」に、見直しが必要があったのではないか。

「入れ納める」場所と自分の「行動」 この関係性を、客観的に見ることで
自分では気づかなかった、自分の行動パターンや必要な動線って 見つかるものなのです。

 

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP