与えられた環境、それを活かす工夫③

「入れ納める」場所と自分の「行動」 この関係性を、客観的に見ることで
自分では気づかなかった、自分の行動パターンや必要な動線って 見つかるものなのです。
客観的に。って、自分自身だと意外と難しいけど、カメラで一度、撮ってみて、 それを見てみます。

カメラで撮ったのが自分でも、
ファインダーから覗き込んで、シャッターを切ったのが自分でも、
写真になると、自分が焦点を当てていないところまで写し出すので、
きゃー、こんな風になってるの?ここ。。って、思うことがありますよ。

これも、客観的な視点とも、言えるかも知れません。

人間の目って、不思議なもので、見たいものだけを見て、その他の背景となるものは、捉えない。
必要なものだけを凝視して、他は見えなくなることもあるのです。
散らかっていることも、慣れてしまう。。そういうことから、慢性的な状況になるのです。
時々、部屋の中を撮影してみるのも、いいかも知れませんね~☆

では、「入れ納める」場所と自分の「行動」の関係性を、具体的にどう考えていけばよいでしょう。

場所が先か、行動が先か。

考え方を「ラーメンを作ること」に置きかえて考えてみしょう。
一人前のラーメンですから、麺があり、具があり、スープがあります。
どんぶりが合いますよね?
まさかーーコーヒーカップを代用する人は、いませんよね?

収納もそう考えると、たっぷりの収納するものがあるのに、納める場所が小さいと溢れます。
ラーメンをコーヒーカップに盛りつけようと思うと、麺が入らないし、具も乗り切りません。
はみ出して、溢れて、上手に食事をすることが出来ません。。

大きい器なのか、どんぶりなのか、その形状は選べますが、
決して、コーヒーカップや平皿ではないことは確かです。
納まりきらないから、溢れたものの仮置き場所が増え、片付け下手な状況に陥りますね。

何を納めたいか。どこに納めると、仕舞いやすいか。
それはどういうときに使うことが多いか。使い終わったら、戻すまでに面倒さはないか。

収納場所の位置関係や動線ですね。
自分の生活パターンや好む空間や習慣などを、見直してみます。
そうすると、機能的な片づけの方法や収納場所の最適化が出来るのですよ。
みんなそれぞれ、自分に合った片づけ方や収納の形があるのだと思います。

 

room_20150810

 

→  不意の来訪、 あなたは 部屋に通せますか?

ピックアップ記事

  1. 昨日のひな祭りの日、母の誕生日でした。御年 93歳になりました。誕生日祝いに、前倒し…
  2. 母と暮らし始めて、几帳面な母の暮らしに入り込むことの難しさを感じた数ヶ月。ところ…
  3. 4週に1度の健診。母に付き添うようになって、半年くらい。その間に介護認定や主治医とのやり取り…
  4. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  5. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  6. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  7. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  8. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  9. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  10. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
PAGE TOP