見える景色と見たい景色①

自分の部屋の片付けをオーガナイズして感じたこと。
見える景色と見たい景色とは別物だということ。
オーガナイズした後に見える景色が「見たい景色」に変わりました。

room_20150810

 

何も考えずに、ただ何となく片付けをすると、景色なんて関係なく
家具が納まれば、配置完了。そんな具合でした。
こんな感じかな?って、家具を置いて、納まったからOK

座った位置から視界に入ってくる景色のことなんて、
深く考えることなんてありませんでした。

 

かつての私の部屋の印象は・・・
テーブルの上には雑誌や郵便物の山。ソファに仮置きされた洋服。床の上に無造作に置かれたバッグ類。

ひと言で表現すると、「散らかっている空間」ですね。

 

ホッとしようと、ソファに座る・・・。
テーブルの上に置かれた雑誌などが目に入る。視線を横に移すと、床に無造作に置かれたものが見える。
でも、慣れてしまう・・・毎日見ていると、心地良くはないが、慣れてしまうのですね。
心地良い空間とは程遠い世界に囲まれて暮らしていました。

 

その頃のわたしは、探し物をよくしてました。
「あれ?どこに置いたっけ?」

そういう行動が日常でした。

 

見える景色と見たい景色②へ 続く

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP