見える景色と見たい景色①

自分の部屋の片付けをオーガナイズして感じたこと。
見える景色と見たい景色とは別物だということ。
オーガナイズした後に見える景色が「見たい景色」に変わりました。

room_20150810

 

何も考えずに、ただ何となく片付けをすると、景色なんて関係なく
家具が納まれば、配置完了。そんな具合でした。
こんな感じかな?って、家具を置いて、納まったからOK

座った位置から視界に入ってくる景色のことなんて、
深く考えることなんてありませんでした。

 

かつての私の部屋の印象は・・・
テーブルの上には雑誌や郵便物の山。ソファに仮置きされた洋服。床の上に無造作に置かれたバッグ類。

ひと言で表現すると、「散らかっている空間」ですね。

 

ホッとしようと、ソファに座る・・・。
テーブルの上に置かれた雑誌などが目に入る。視線を横に移すと、床に無造作に置かれたものが見える。
でも、慣れてしまう・・・毎日見ていると、心地良くはないが、慣れてしまうのですね。
心地良い空間とは程遠い世界に囲まれて暮らしていました。

 

その頃のわたしは、探し物をよくしてました。
「あれ?どこに置いたっけ?」

そういう行動が日常でした。

 

見える景色と見たい景色②へ 続く

ピックアップ記事

  1. 蝋を溶かす間にドライフラワーやドライフルーツ、好きな構図を考えて、蝋を注いでタイミングをはか…
  2. 月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と…
  3. 自宅を離れ、現在 シェアハウスに居住中。自宅とは違う、切り取られた暮らしのような感覚。…
  4. シンク(流し台)の下の収納、最新のシステムキッチンならシンクの下もスライド式で使い勝手がとてもい…
  5. 2017/4/6

    今年の桜
    この季節、桜の写真を撮りたくなる住まいの近くの公園で。。…
  6. 10日ほどの間に、一気に咲き、散っていく。。今年も見事に咲きました &n…
  7. 福祉住環境CDの資格も以前に得ていましたが、介護保険の理由書を書くだけの存在でしかないのか。。などと…
  8. 暮らしやすく生活をオーガナイズする取組みをしています。自分の年齢を軸に提案内容を考えます。…
PAGE TOP