表もあれば裏もある

『陽』と『陰』

物事には光の差す場所と影になるところがある

人間も同じで表向きと内側がある

母との同居を前向きに前向きに
半ば、自分の気持ちを抑えてでも笑顔で振舞う日常も
小さな綻びが出来る。

自分の見えている部分と、そうでない部分が、あるんだと思う。
でも、私にはそれがどうしても見えない。

見えなかった部分を「ここなんだよ!」と地べたに擦り付けられるように分からされるときがある。

前向きに笑顔で暮らす私は自分本位で身勝手で
自己満足でしかないのだと言わんばかりに思い知らされる時がある。

きれいごとでは、世の中 済まないことがある。

それを見ないで真っ直ぐに進もうとすると
どこかで足元を掬われてしまうことがある。

『なんでも聞いてやるから、いいように使われている』
『年寄りは自分より弱い者に横柄になる、まさにそうなってる』
『同情した言い方をしないで、突っぱねれば、甘えてこなくなる』

 

「しあわせ」だと思い込んでいる現実には、裏側があって
真実は私にとっては、思いも寄らない私ではない何かを求めて
取り敢えず 私で間に合わせておこうという薄っぺらな現実があるのだ

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP