足元から考える 「介護予防」って何するの?

~~要介護の状態にならないために~~
それまで元気だった高齢者が骨折などが原因で入院し、
そのまま寝たきりになってしまった・・・・・・
よく耳にする話ですね
入院をしている間に心肺機能や筋力が衰え、
廃用症候群(生活不活発病)になってしまったと考えられることです。

 廃用症候群とは
 高齢者の介護では、「廃用症候群」を防ぐことが大切であるといわれています。
 健康な人でも、体を使わないと筋肉の萎縮、関節の拘縮は意外と速く進行します。安静による筋力低下は、1週目で20%、2週目で40%、3週目で60%にも及びます。一度低下した筋力低下を回復させるためには、長くかかり、1日間の安静によって生じた体力低下を回復させるためには1週間かかり、1週間の安静により生じた体力低下を回復するには1か月かかるといわれます。
 廃用症候群とは、寝かせきりなどの状態で、心身の不使用・不活発(体や頭を使わないこと)によって起こる機能低下です。言い換えると、ベッド上での過剰な安静による害とも言えます。また、廃用症候群は、筋肉や関節だけではなく種々の臓器に様々な症状が生じてきます。

高齢者がこのような介護を必要とする状態になるのを防ぐために実施されるのが
「介護予防サービス」と言われています。
介護予防のメニューは地域包括支援センターで作られます。
要支援者が出来るだけ自立した生活ができるようサポートし、さらに介護が必要ではなくなった元気な高齢者の健康維持も手助けする機能も果たしてくれる。

ピックアップ記事

  1. 蝋を溶かす間にドライフラワーやドライフルーツ、好きな構図を考えて、蝋を注いでタイミングをはか…
  2. 月に数日しか滞在しないけれど、こちらが自宅。床にカーペットとソファに「ねころんぼ」と…
  3. 自宅を離れ、現在 シェアハウスに居住中。自宅とは違う、切り取られた暮らしのような感覚。…
  4. シンク(流し台)の下の収納、最新のシステムキッチンならシンクの下もスライド式で使い勝手がとてもい…
  5. 2017/4/6

    今年の桜
    この季節、桜の写真を撮りたくなる住まいの近くの公園で。。…
  6. 10日ほどの間に、一気に咲き、散っていく。。今年も見事に咲きました &n…
  7. 福祉住環境CDの資格も以前に得ていましたが、介護保険の理由書を書くだけの存在でしかないのか。。などと…
  8. 暮らしやすく生活をオーガナイズする取組みをしています。自分の年齢を軸に提案内容を考えます。…
PAGE TOP