【暮らしのリズム】

数ヵ月前に母との完全同居が始まり、お互いに一人暮らしが長かったので慣れない暮らしに、衝突しないようにと牽制し合う。それが思いの外プレッシャーになり、歪んだ日常が生まれてしまった。

わたしをゲル化して柔軟に受け止めることに努めたけど、形を変えるには痛みも伴いました。

石の上にも三年。実家の2階にも3ヶ月です。ようやく暮らしのリズムが掴めるようになりました。コレ!といった手応えのないコツというか。。同じことの繰り返しをすることで刷り込みになるのでしょうね。変化がないことが良いのです。

朝、7時に仏壇周りのことをやり、8時過ぎに出勤。夜は8時頃に帰宅して、母が寝る前にマッサージをする。

同じ毎日があることが「安心 」「安堵」に繋がる。

仕事帰りの寄り道もほんの少しなら出来る。。以前のように飲んで帰ることは出来なくなったけど、自室でゆっくりと食事することもいいものです☺️

ピックアップ記事

  1. 母と暮らし始めて、几帳面な母の暮らしに入り込むことの難しさを感じた数ヶ月。ところ…
  2. 4週に1度の健診。母に付き添うようになって、半年くらい。その間に介護認定や主治医とのやり取り…
  3. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  4. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  5. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  6. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  7. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  8. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  9. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  10. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
PAGE TOP