【暮らしのリズム】

数ヵ月前に母との完全同居が始まり、お互いに一人暮らしが長かったので慣れない暮らしに、衝突しないようにと牽制し合う。それが思いの外プレッシャーになり、歪んだ日常が生まれてしまった。

わたしをゲル化して柔軟に受け止めることに努めたけど、形を変えるには痛みも伴いました。

石の上にも三年。実家の2階にも3ヶ月です。ようやく暮らしのリズムが掴めるようになりました。コレ!といった手応えのないコツというか。。同じことの繰り返しをすることで刷り込みになるのでしょうね。変化がないことが良いのです。

朝、7時に仏壇周りのことをやり、8時過ぎに出勤。夜は8時頃に帰宅して、母が寝る前にマッサージをする。

同じ毎日があることが「安心 」「安堵」に繋がる。

仕事帰りの寄り道もほんの少しなら出来る。。以前のように飲んで帰ることは出来なくなったけど、自室でゆっくりと食事することもいいものです☺️

ピックアップ記事

  1. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  2. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  3. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
  4. ブルーベリーの花が咲きました☺️暮れに新しく植え替えたので、今年は豊作かなー。。花が…
  5. 母との同居を決めて、少なからず背負うものの重みを感じていた私は【介護する側】としての責任のような…
  6. 休みの日は外出の予定がない限り、自室と母の部屋、そしてリビングダイニングを私が掃除します。…
  7. 母は自分で出来ることをやれるところまでやりたい!と己を律して暮らしてる。私からの働きかけにも…
  8. 数ヵ月前に母との完全同居が始まり、お互いに一人暮らしが長かったので慣れない暮らしに、衝突しないように…
  9. 今日は何も予定のない休日母の起床が遅く、気になっていると腰から足にかけて痛くて、なかなか起きてこ…
  10. 母と同居を始めた当初、高齢者には有りがちな【思い違い】から気持ちの行き違いで母の機嫌が悪くなることに…
PAGE TOP