見える景色と見たい景色②

探し物をする日常は、何が原因するのでしょうか?

あるべきところにあるものが、ない。
・・・というより、あるべき場所を作っていないことから始まります。

探し物をする日常 = 所在の定まらないものを探す

 

わたしは片付けのオーガナイズをしてからは、探し物をする時間が格段減りました。

あるべきところに置く(仕舞う)ことで、
探す行為から、簡単に取り出す行為に変化したからです。

 

散らかった空間も、

床の上に無造作に置かれたバッグの定位置を決めると、
床には、何も置かれることなく、掃除が簡単になりました。

テーブルの上に放置された雑誌や郵便物の定位置を決めると、
部屋全体の印象がすっきりしました。

クローゼットの収納方法を見直し、機能的にしたら、
ソファに洋服を仮置きする習慣がなくなりました。

 

ホッとしたくて、ソファに座ると、
片づいた部屋が殺風景に思え、観葉植物を買ってきました。

壁にウォールペーパーを施して、家族の写真を貼りました。

代用品として使っていたカラーボックスを、お気に入りの家具に変えました。

 

20150818

「見える景色」から「見たい景色」へと変わっていきました。

 

そうして初めて・・・「心地良い」ということがどういうことなのか、
実感できるようになりました。

 

オーガナイズは、単なる掃除のような片付け方ではなく、
行動や動線を考えて、自分に合った収納方法を生活に取り入れます。

そして、心地良い日常がどのようにすれば得られるのかを
自分の嗜好や習慣を見つめ直して、よりよい暮らしを実現させることです。

 

そのお手伝いをさせていただけたらっ!と、ご提案をしていきたいと鋭意努力中。

ライフオーガナイザー 梶原 要子

ピックアップ記事

  1. 限界だと思っても、さまざまな思いは器から溢れるけど、ちゃんと受け皿があって、こぼれた思いが溜まってい…
  2. 【包み込むように見守る】・・・限界が見え隠れ母の気分に振り回されて、少し疲れ気味のこ…
  3. 母との暮らしも10ヵ月近くになりました。振り返ってみると、同居からのこれまで、色…
  4. 高齢の母と暮らし始めて、生活の基本自体がずいぶんと様変わりした。時間のスピードがゆっくりにな…
  5. 2019/6/9

    私の日常
    東京ステイが終わって半年母との暮らしで、自由な時間が減り気儘な私の暮らし向きも一変した…
  6. 表面に現れていることに、そこにも真実はあるけれど奥底にはもっと深い真実があったりする。自…
  7. 『陽』と『陰』物事には光の差す場所と影になるところがある人間も同じで表向きと内側があ…
  8. 階下に住む母が2階に暮らす私に用事があるときに呼び鈴代わりにあるナースコールボタンを押すとオルゴ…
  9. 通勤用に決まった靴を何足も履き潰している私。でも、おろしたては慣れるまでに時間が掛かる。…
  10. 【母の終活】庭の手入れが母の生き甲斐なのだけれど、色々と思うところがあり、少しずつ手放してい…
PAGE TOP